介護業界で必要な最低限のスキル・知識

2022.05.16更新

介護業界で必要な最低限のスキル・知識

 

 

1.コミュニケーション力

 

多くの場合、一番最初の仕事は高齢者とのコミュニケーションです。

「利用者さんとコミュニケーションをとって」と、先輩職員にゆわれて

何を話そうかと困る方が多いです。

そこでコミュニケーションをとる際のポイントを紹介します。

 

・わかりやすく自己紹介をする。

自分の名前ははっきりと笑顔で、高齢者がわかりやすいように

自己紹介することが必要です。

高齢者が好きな歌手や俳優・女優の方の名前と一緒などと例えると

覚えてくださいます。

 

 

・共通点を見つける

出身地や趣味、好きな色など自分と共通点を見つけることで

親近感を持ってコミュニケーションをとることができます。

ぜひ共通点を探して自分も楽しんでみてください。

 

 

・質問をする

「その洋服が好きなのですか?」「いつも何をして過ごしているのですか?」など

いろいろ質問をしてみましょう。

その答えをきっかけに会話が広がり、弾むことがあります。

 

 

 

2.レクリエーション

 

介護施設やデイサービスセンターなどでは、毎日レクリエーションが行われています。

レクリエーションが得意だと、高齢者との関係を密接することができるのと

他の職員の方からも頼りにされることがあります。

ネタをたくさん準備しておくと良いかもしれません。

 

良く使うレクリエーションをご紹介します。

 

 

☆手遊び

歌にのせて手を動かし脳のトレーニングをします。

 

☆体操

音楽に合わせて体操をして体を動かします。

 

☆折り紙

折り紙を一緒に折って、その折り紙に色を付けて作品を作ります。

 

 

内容はなんでもいいと思いますが、男性も女性も、得意不得意が出づらく

みんなで楽しめる内容を考えましょう。

 

 

 

大阪福祉求人・転職サーチでは介護求人の

無料お仕事相談を随時受付けております。

キャリアアップの相談、無資格、未経験向けの求人など多数ございます。

医療、福祉、保育業界に興味がある方はお気軽にお問い合わせください。